お電話でのお問い合わせは
0120-963-604

トップ > RCMSとは? > サイト構築プラットフォーム

サイト構築プラットフォーム

RCMSは単なるCMSではありません。個人ユーザー向けサイトから、上場企業や金融機関向けのサイトまで対応可能な、汎用的なWEBサイト構築プラットフォームです。

RCMSは進化し続けるCMS

RCMSとは「Relational Contents Management System」の略で、様々なコンテンツをDB化(メタデータ化)して、それらを関連させることで、これまでより簡単に高度なWEBサイトを構築するためのCMS(コンテンツマネージメントシステム)です。

【主な特徴】


  • SaaS版、仮想専用サーバ版、サーバインストール版などインフラを自由に選択できる

  • 機能数は250以上。CMSとしての機能はほぼすべて実装済み

  • 使いやすいユーザーインターフェイス

  • きめ細やかなマルチデバイス ・ 多言語対応

  • デザインやモジュールのカスタマイズを柔軟に行うことができる。機能の追加・カスタマイズ開発も可能

  • テクノロジーの進歩を常にキャッチアップして、最先端のノウハウやシステムを反映

  • 外部APIと連携することで、外部コンテンツを下層の自サイトコンテンツとして扱うことができる

  • 全ての管理画面に設置されているサポートフォーラムによるユーザーの声の収集とサポート体制

  • 無料版でたくさんのユーザーに使用されることによるブラッシュアップ。SaaS版での断続的アップグレード

  • コンテンツのメタデータ化とそれらの関連性を保持することで汎用的にコンテンツを扱えるので、システムが更新されてもコンテンツの変更が不必要

RCMSは、2005年のβ版公開から幾度となく機能追加やアップデートを重ね、日本のホームページ事情を多く取り込み、今なお進化し続けています。オープンソースのCMSとは異なり、開発元の株式会社ディバータが直接提供しているため、サポート面でも多くのクライアント様に高い評価をいただいています。

RCMSのRは「Relational」=「関連性」

RCMSの最大の特長である、関連性(関連付け)を利用することで、一つのコンテンツを1つの箇所に出力するのではなく、関連する情報同士を組み合わせることで様々な形のコンテンツを表現することができます。関連付けの両端の情報の種類でその関係性の種類はほぼ決定でき、この理論がRCMSの最大の特長です。
また、関連付けを利用することによって、バラバラに蓄積されているコンテンツに対して横のつながりを作ることが可能になります。ユーザーが求めている情報同士を連結することにより、最適なコンテンツ配信を実現します。

43_ext_09_2_L.jpg

RCMSはデータを管理する

従来のCMSとRCMSの最大の違いは、ページやフォルダの管理ではなく、データを管理する点です。フォルダやページを管理する場合、リンク切れを気にしたり、サイト全体の構成などを理解していないといけません。サイトの構成を理解しないで更新を行っていると、数年後にはデザインは統一されているが、目的のページにはたどり着きにくい当初の構想とはかけ離れたサイトになってしまいます。その点、データで管理しているRCMSは更新作業とサイトの構成やリンクの設定が分かれているので、更新をどんなにしてもサイトの構成が混乱することはありません。

43_ext_09_3_L.gif

お電話でのお申し込み・お問い合わせは 0120-963-604

まずは試用版

スタンダードプラン(試用版)へのお申し込みはこちらからお願いいたします。

フォームからのお問い合わせ

お見積もり、資料請求などのお問い合わせはこちらのフォームからお願いいたします。

ページの先頭へ