トップ > お知らせ > RCMSの正式版をリリースいたしました。

RCMSの正式版をリリースいたしました。

4年間の開発期間を経て、遂にRCMSの正式版をリリースいたしました。
以下、プレスリリースの内容です。

関係者各位
プレスリリース                                            2009年3月9日
                                                    株式会社ディバータ
===================================
     4年の開発期間を経て、遂に高性能CMS RCMSが正式版をリリース
  承認フロー、多言語、コミュニティ、モバイル対応などあらゆる機能を実装
===================================
株式会社ディバータ(本社:東京都新宿区、代表者:加藤健太)は、2005年より
開発を進めてきた高性能CMS RCMSの正式版のリリースを行いました。

これまでβ版としても4000以上のサイトがRCMSのSaaS基盤上で作成されてきま
したが、これまでにサイトの運営に必要な機能のほとんどを実装いたしました。

RCMS
http://www.r-cms.jp/

※RCMSは独立行政法人 情報処理推進機構の2008年度中小企業経営革新ベンチャ
ー支援事業に採択されています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■独自の開発モデル - SaaSとオープンソースをミックスした開発モデル -
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
数多くの商用CMSやオープンソースCMSがある中、これだけの機能を開発者の数人
の一社で一から開発するのは通常の開発手法では実現不可能でした。

RCMSで採用された開発手法はオープンソースのいいところを採用しながら、収益
を上げることも実現できる手法になります。

RCMSの提供形態は以下の3つです。
・β版(無料版・SaaS提供)
・正式版(有料版・SaaS提供)
・インストールプラン

まず、オープンソースコミュニティで行われているように、β版を無料で提供し
ながら利用ユーザーとやり取りを行いつつ、仕様のブラッシュアップや、不具合
の解消を行なっていきます。

その後、機能が安定してきた段階で、正式版へのプログラム反映が行われます。
様々な利用方法があるCMSで特に工数のかかるテスト、仕様のブラッシュアップ
を無料版ユーザーと連携しながら行うことで、無料版の提供と開発コストの削減、
提供サービスの高品質化を実現しております。

オープンソースで提供することで、開発が進むという考え方もありますが、それ
は一部の成功しているソフトウェアのみであり、SaaS提供をしていくサービスと
しては、このモデルが最適であると考えております。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■RCMSの持っている主な特長
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
1、ワンソース・マルチユース。
2、CMSとしてのほとんどの機能が実装されている。
3、表のページからも更新できる使いやすいユーザーインターフェース。
4、デザイン、モジュールのカスタマイズを柔軟に行うことができる。
5、SaaS提供、サーバインストール、無料版など様々な提供形態。
6、PC、モバイル、iPhoneなどへの対応。
7、複数言語でのグローバルサイト構築に対応。
8、多段式の承認フローの実装やコミュニティサイト向けの機能。
9、コンテンツのメタデータ化とそれらの関連性を定義することによるコンテ
ンツ表現の自由度。
10、ほぼ毎日システムが更新されるシステム開発のスピード。
など

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■料金体系
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
SaaS提供
法人の場合   初期費用:4万円 月額:1万円
法人でない場合 初期費用:2万円 月額:5千円

サーバインストールプラン
1サイト(1ドメイン) 初期ライセンス:120万円 年間サポート:25万円

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■ビジネスモデル
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
高性能なCMSを多角的に提供していくモデルを構築しております。

1、個人・ビギナー向け:β版(無料版)
2、大企業・中・大規模サイト向け:サーバインストールプラン
3、中小企業向け:正式版(有料版)や業種特化型CMS提供

業種特化型CMS提供は、RCMSプラットフォームというPaaSの仕組みを利用したサ
ービスになります。
例えば、飲食店向けのサイトを簡単に構築できる仕組みの場合、デザイン以外の
ページ構成や必要な機能はほとんど決まっています。
これを予めテンプレートとして登録して、サイト制作の際にコピーしていくこと
で簡単にサイトが構築できる仕組みを作ることができます。

※RCMSプラットフォームはRCMSという高機能CMSを提供できるSaaS基盤です。

同じRCMSプラットフォーム上で構築されている主なサービス
○RCMS・・元々のRCMSの基本となっているサービスです。無料版もあります。
○mixGroup・・mixi OpenIDと結びつけることで新しいサービスを作りました。
 ※Mashup Awards 4 特別賞(Business Idea賞)
○ぐるぺ・・PV保証型の飲食店HP制作サービス。
○制作会社専用CMS、不動産販売サイトなど他にもOEM提供を行っています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■サイト
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
RCMSの詳しい説明、お申込みはこちら
http://www.r-cms.jp/

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■用語説明
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
[CMS]
コンテンツマネージメントシステム(CMS:Content Management System)は、テキ
ストや画像などのデジタルコンテンツを統合的に管理し、配信など必要な処理
を行うシステムの総称。コンテンツ管理システムとも呼ばれる。

[SaaS]
Software as a Service(SaaS、サーズ)とはソフトウェアをサービスとして
提供するソフトウェア販売の新しい形である。

[PaaS]
ソフトウェアを構築および稼動させるための土台となるプラットフォームをサ
ービスとして提供する新しい形態である。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

=====================================================================
■株式会社ディバータ概要: 
会社名  :  株式会社ディバータ
本社    :  〒162-0843 東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル10F
代表者  :  加藤  健太
設立    :  2005年1月27日
資本金  :  2000万円
URL     :  http://www.diverta.co.jp/

    ――――――――――――――――――――――――――

■お問い合わせ
株式会社ディバータ  担当  :  福田
  お問合せフォーム  :  https://www.r-cms.jp/inquiry_detail/id=1
  E-Mail  :  info@diverta.co.jp


ページの先頭へ