トップ > お知らせ > OS等のEOLに伴うメンテナンスの実施について

OS等のEOLに伴うメンテナンスの実施について

RCMSのSaaS版で利用しているサーバは主にAmazon Linux 1になりますが、こちらのセキュリティサポート提供期間が2020年6月30日までとなっており、Amazon Linux 2への移行を順次進めております。
また、同時にhttps通信のTLS1.1/1.0の停止作業やPHP7.2へのバージョンアップも実施いたします。
下記の日程を予定しておりますので、ご確認ください。
お客様にご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

1. 北米リージョンのSaaSスタンダードプラン 2019年7月24日深夜帯24時-25時で断続的にサイト停止があります。
2. 東京リージョンのSaaSスタンダードプラン 2019年10月17日深夜帯24時-25時で断続的にサイト停止があります。
3. 仮想専有サーバプラン 順次、移行を進めていきますので、個別にご連絡をいたします。(今年からご利用のお客様はすでにAmazon Linux2になっている場合もあります)
4. サーバインストールプラン OSの保守管理会社様とご調整いただければ、個々の契約に基づき対応いたします。Amazon Linux2 / CentOS7 / Redhat7には対応済みです。PHP7.2 / PostgreSQL10 への移行をお勧めいたします。
ページの先頭へ