トップ > お知らせ > モバイルファーストインデックス(MFI)に向けてWebP自動変換機能をリリース

モバイルファーストインデックス(MFI)に向けてWebP自動変換機能をリリース

RCMSでは、ウェブマスターの運営工数の削減とSEOの向上も兼ねてJPG/PNG/GIF画像のWebPへの自動変換機能をリリースいたしました。
管理画面のサイト基本設定>サイト管理にある「WebP自動変換」をチェックするだけで自動的に変換がされ、ウェブマスターは余計な作業をする必要はありません。
※画像ファイルをWebP形式に変換することで、見た目変わらずに画像サイズが大幅に削減されるなど表示の高速化に大きく貢献します。
※CSSなどの直接記述されているパスは自動変換されません。
※リリース予定:5月29日RC版リリース、7月正式版リリース

当サイト(https://www.r-cms.jp/)では既にWebP自動変換機能が有効になっておりますので、Chrome等のWebP対応ブラウザで閲覧いただいて挙動をご確認ください。

今後、SEOとして画像の新規格に対応していくことは必須事項であり、RCMSではLighthouseなどのツールなども参考にしてモバイルでの表示パフォーマンスの調整などをシステム側で対応できるように機能の開発を行っていきます。

WebP
https://ja.wikipedia.org/wiki/WebP

ウェブマスター向け公式ブログ モバイル ファースト インデックスを開始します
https://webmaster-ja.googleblog.com/2018/03/rolling-out-mobile-first-indexing.html

実際の設定画面
ページの先頭へ