トップ > お知らせ > ImageMagick の脆弱性 (CVE-2016-3714等) に関して

ImageMagick の脆弱性 (CVE-2016-3714等) に関して

ImageMagickの脆弱性で利用をしているアプリケーションに関しては、スタンダードプラン、専有サーバプランともに対応済みです。
サーバインストール版をご利用の方は下記を参考に、プログラムのアップデートとpolicy.xmlの更新をお願いいたします。
ご不明な点がございましたら、詳しくはサポートまでご連絡ください。

ImageMagick の脆弱性 (CVE-2016-3714) に関する注意喚起
https://www.jpcert.or.jp/at/2016/at160021.html

影響範囲等を調査中です。(2016年5月6日現在)

 
ページの先頭へ